ご案内 – 一般社団法人 白馬スポーツ・自然振興協会

長野をもっと賑わいのある県にしたいと、今まで様々な取り組みがなされて来ました。  1998年長野オリンピック·パラリンピック、2005年スペシャルオリンピックスに代表される大きな取り組みばかりでなく、 個々においても、随所で評価に値する取り組みがなされて来ています。  白馬を中心とした北アルプスの市町村において(市外局番0261に因んで我々の取り組みも広域に0261地域で展開致します) ユニバーサルツーリズム及びスポーツツーリズムを掲げ、地域振興、地域の活性化を図ろうと一昨年、当協会を立ち上げました。 今般、漸く本格的活動が開始され、具体的取り組みの種まきが始まりました。

大輪の花が咲くまでまだまだ紆余曲折があるかと存じますが、一つ一つ粛々と取り組んでゆく所存でございます。 何卒皆様のご協力、ご支援を宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人 白馬スポーツ·自然振興協会 理事長 国本重夏

「白馬に来てください」世界に誇れる景色を、自然を多くの方々に見ていただきたいのです。 オリンピック、パラリンピックが開催されたこの雄大な山々、自然環境に思い切り接することのできる白馬に来てください。  今までは、スキー等のお客様が中心でした。しかしながら、障がいのある方、高齢の方等が来られた時に十分な「おもてなし」が出来ていたとは言えませんでした。 これらの方々にこそ新しい白馬をご紹介したいと思います。  これからは、どのような条件をお持ちの方にも楽しんでいただける白馬にしたいと考えています。障がいのある方、高齢の方、アレルギーをお持ちの方、言葉に不自由する外国の方、 宗教上制約のある方、ワンちゃん連れの方など、何らかの制約のある方々に何のストレスもなく、白馬を楽しんでいただけるよう考えています。

山岳観光地として初めての取り組みです。絶対に必要なシステムと考えております。ぜひ趣旨にご賛同いただき、ご協力、ご支援何卒宜しくお願い申し上げます。

概要

法人名 一般社団法人 白馬スポーツ·自然振興協会 理事長 国本重夏 所在地 〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城22200-31 カナディアンヴィレッジ内 TEL. 0261-75-2698 FAX. 0261-75-3385

→アクセス

設立 2016(平成28)年3月25日 役員 会  長 谷口彬雄 代表理事 国本重夏

事務局長 栗田 力

沿革

平成20年当初、白馬が全てのスポーツプレーヤーと自然愛好家のために、良質なフィールドを提供することにより、社会貢献を目指すことを目標に 「特定非営利活動法人 白馬スノースターズスポーツ倶楽部」設立。大学女子ソフトボール大会を誘致する(2016年で第8回大会を迎える)など実績を残す。 平成26年、白馬をさらに元気に、さらに美しく・・・白馬のスポーツシーン、自然シーンを躍動させてこそ、経済活動が活性化し地域貢献につながると考え、 「一般社団法人 白馬スポーツ·自然振興協議会」を設立(平成22年10月)、  ・白馬山麓の魅力再点検  ・スキー観光環境整備への提言  ・生涯スポーツと障がい者スポーツの振興  ・観光振興による宿泊者の純増  ・クリーンイメージとしての白馬村環境保全、健康促進活動への貢献  ・白馬オーガニックの農産品ブランド創出 等々を目指して活動開始。 百花繚乱なるが故、掴み所の無い活動目標を整理し、活動コンセプトを「ユニバーサルツーリズム及びスポーツツーリズムによる白馬を中心とする大北地区(0261地区)の地域の活性化」に統一。 あわせて、平成28年3月、名称を「一般社団法人 白馬スポーツ·自然振興協会」に変更。通称0261協会とした。 協会コンセプトを明確にして以降、一般社団法人 日本運動療育協会(SPARK協会)、株式会社 リハビリ推進センター、株式会社 ソーシャルネットワーク、株式会社 JINRIKI、 株式会社 PSビバレッジ等協力法人が集まり始め、スポーツツーリズム関連では、日本クリケット協会、車椅子フットボール協会等々のスポーツ関連法人の協力申し出が続いている。 同時に大阪国際大学、信州大学、長野大学等のコラボ企画も生まれようとしている。

2017(平成29)年6月